大学生までは名刺入れを持つ必要はありませんが、社会人になったら一つは用意する必要があります。選ぶ時には「自分が相手にどう思われたいのか」ということを意識することが大切です。安っぽいものを使っていると安っぽい人と思われてしまう可能性がありますし、あまりにもきらびやかなものを使っていると、派手な人と思われてしまいます。また、選ぶ時には見た目だけではなく、手触りや使い勝手なども確かめておきたいものです。これができるのは、実店舗です。今まで持っていなかったアイテムだと、どこで売っているのか自体がわからないものですから、まずは実店舗だとどこで取り扱っているのかを紹介します。さらに、ネットの名刺入れ専門ショップを使う際の注意点について見ていきます。

意外とあちこちで売っているもの

意識して見ないとわかりませんが、名刺入れは意外とあちこちで売られています。例えば紳士服売り場、バッグのお店、文具店、財布売り場などでも見つけることができます。特に大きな文具店では取り扱い数が多いです。雑貨屋などにも売っていますが、一押しは文具店です。名刺自体が文具のジャンルに入っているので、ここでまとめて取り扱っているのでしょう。また、新社会人向けのアイテムを揃えている時期であれば、万年筆などと一緒にセットで売られていることもあります。ちなみに、百円ショップでも販売されていますが、あまりにも安いものを持っていると名刺交換の時に安っぽい印象を与えてしまうので避けた方がいいです。ただし、ほとんど名刺交換しないような職種の人だと、百円ショップのものを使っている場合もあります。

ネットでも購入は可能だけれども

今ではネットで購入できないものの方が少ないです。名刺入れも、ネットで購入することが可能です。専門店もあるので、近くに手頃なお店がないという人はネットで購入してもいいでしょう。ただし、ネットの場合は実物を見たり触ったりできないというデメリットがあります。見た目はサイトである程度確認できますが、手触りや質感、使い勝手を確かめたい場合にはネットは適しません。素材も同じ革製でも、値段によって質感が変わってきます。開いて使うタイプのものだと、開いた時に引っかかりを感じるなど、ちょっとした使いづらさが出てくることもあります。ネットで購入する時には、実物を触ることができないというデメリットも考慮しておく必要があります。できれば文房具店などの実店舗で実物を触って確かめてから、購入した方がいいでしょう。