ビジネスマン必携の名刺入れは、機能性にもこだわりたいものです。女性はデザインで選ぶことが多いですが、男性だと機能性を第一に考えたいという人も多いでしょう。安いものなら100円ショップでも手に入りますが、安いものはそれなりの理由があるものです。名刺を出す時に引っかかったり、収容枚数が少なかったりなどの不具合があると、使っていて気持ちよくありません。毎日使うものだからこそ、昨日は大事です。高級な製品は、使う人が使っていて気持ちいいと感じられるように細部まで工夫を施しています。ただし、多機能すぎるとかえって使いづらくなりますから、ちょうど良い頃合いの機能が欲しいものです。ここでは、名刺入れについている機能にはどんなものがあるのかを紹介します。

たくさんの人と名刺交換する人には

営業職の人だと、たくさんの人たちと名刺交換することが多いです。逆に、オフィスワークが中心の人は名刺を持っていても、それほど名刺を交換しません。あまり交換することがないのであれば、20枚程度収納できる薄型タイプで十分です。逆に、営業職や人に会う機会が多い人は、50枚程度収納できる大容量の機能がついた名刺入れが適しています。大容量タイプにはマチがついていて、たくさんの名刺を収納しておくことが可能です。ただ、たくさん入れると分厚くなってしまい見た目が悪くなりやすいです。高級な製品だと、分厚くならないように大容量でも薄型に見えるようなスマート設計を施しています。たくさん入れたいけれども、スタイリッシュなデザインも捨てられないという人には大容量でスマートな機能は魅力的です。

ポケット付きだと交換がスムーズ

名刺交換の時に、出し入れに時間がかかってしまうと、スマートに見えないものです。交換に慣れていないように見えると、相手を不安にさせてしまう可能性もあります。ポケット付きの名刺入れだと、この弱点を埋めることができます。頂いた名刺をポケットに入れればすぐにしまうことができますし、先方の名刺がそこに入っているとすぐに連絡することができます。ポケットに入れておけば、自分の名刺と混ざってしまう心配もありません。バラバラにしまってしまうと、交換する時にさらに時間がかかってしまいますが、ポケットの機能がついていれば一つの入れ物で整理することができるので、スマートに見せることができます。機能性が付いていると、交換がしやすく、ビジネスの相手にも好感を持ってもらえるでしょう。